投資運用するならきちんとしたノウハウを身につけましょう。投資に関する知識をつけておかないと失敗することもあるので、必ず投資運用される前に色々なことを調査しておきましょう。

株についての話題や情報を話し合う投資家

株価の動きの周期を検索する投資法とは

株価の動きにはある程度の周期を持つものがあります。これは業績が安定している企業の場合、株価な動きは投資家の需給事情によって動くことになるためです。例えば値上がりしている場面では買い注文が増えてさらに値上がりします。そこに信用買いも加わって過熱感が出ることになります。やがて値上がりが鈍くなると、今度は天井への警戒感から利益確定の売りが出るようになります。そして値下がりの場面が見られると、信用買いの売りが出始めてさらに下落するようになります。このような動きを繰り返しながら相場全体の動きに合わせて居所を変えていくことになります。その周期を検索することにより、上昇に転じる銘柄を探すことが可能となるわけです。複数の銘柄を選んで時差をかけつつ購入することで、時間という分散投資を行うことにもなります。さらには購入だけではなく、これから値下がりに向かうと見られる銘柄に対して空売りをすることによって、買いと売りの両建てのポジションを作ることができます。これは何かのニュースによって相場全体が急変した場合、ポジション全体も上げるか下げることになるので損失を出すリスクをヘッジすることになります。そしてそのポジション全体の収益をチェックしながら、利益を出している状態で全てを手仕舞いすることにより、利益を確定させることができます。あるいは例えば空売りしている銘柄を利益確定しておいて、さらに別の値下がり周期に入った銘柄を空売りするのもひとつの方法です。こまめに銘柄を入れ替えつつも両建てのポジションを崩さなければ、収益を出せる状態を保つことになります。このように上手く銘柄検索を行うことにより、利益を出し続けることが可能となります。